FC2ブログ

昏い欲望3

『昏い欲望 -ある女古典教師の淪落-』を掲載しました。

良家の箱入り娘である女教師が、ちょっとしたことから心の奥底に秘めた欲望を目覚めさせ、牝奴隷へと転落してしまうお話です。
免疫が低いと染まるのも早いといったところでしょうか(苦笑)。
あと、今回は要望があったストッキング描写を少しだけですが入れてみました。

それから胸の大きい女性でも弓道できるかは聞き取りしたところ、一応は可能であるのは確認済みです。胸当てに弦があたるのを前提で矢を放つらしいですけど、少しサイズを大きくしすぎたかなと反省しています(苦笑)。

今回も読まれた方の心を少しでも震わせられたら幸いです。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

『漆黒の獄舎』CV

『漆黒の獄舎』脳内CV(キャラヴォイス)のキャスティングは下記になります。

宇佐美翠  : M・A・Oさん
根津逸喜  : 千葉繁さん
高過翔吾  : 鈴木達央さん
静馬誠一郎 : 諏訪部順一さん

M・A・Oさんは、大人な女性声の方ですね。
根津はよく舌がまわるキャラだったので、執筆最初から千葉繁さん一択でした(苦笑)。



催淫染脳支配7

『催淫染脳支配』 第7話を掲載しました。

2話分を書き進めていたので、続けての掲載です。
今回は真矢のアクション回となり、彼女が持つ強さと弱さを書いております。
アクションシーンは、何度となく書いてますが、なかなか満足のいくものには仕上がらないのが困りものです(苦笑)。
それでも彼女の強さを少しでも演出できてれば幸いです。

催淫染脳支配6

『催淫染脳支配』 第6話を掲載しました。

今回は首謀者である戸陰の背景と、真矢へと狙いを定めるまでが描かれております。
タイトルから推測できたと思われますが、本品では洗脳をテーマのひとつとしております。
上手く久遠風味で味付けできればと思っております。


ふたなりな・・・

 更新できてないので、以前にもアップした気もしますが倉で眠っていた没作品の冒頭でも貼っておきます。
 以前、参加したフタナリ企画物で書き進めていた品なのですが、もう一品の方が良いとの判断で倉入りした経緯があるものです。
 ウチでのフタナリ需要は、あるのか不明なので埃を被っておりました。
 ところで少女&フタナリの場合は、百合需要を満たせるのか興味深いところでもあります(苦笑)。

------------------------------------------------------------------------------------------
『双性牢烙(そうせいろうらく)』

【1】

 深紅の絨毯のひき詰められた広々とした室内、そこは鳳星学院の運営を司る執行部本部にある生徒会長執務室。
 壁一面を使用した大きな窓からは学院の広大な敷地内が見渡せる。その窓の前に置かれたオーク材の執務机に、生徒会長である猩々緋 令華(ほうじょうひ れいか)の姿があった。
 女性にしては長身でスラリとしたモデル体形、美しい艶に彩られた長い黒髪と切れ長の瞳が印象的な美少女だ。背後から差し込む夕陽を浴びて、その怜悧な美貌は神々しくすら見えた。
 報告書のファイルに目を通していた令華は、入り口の向こうで騒ぎが起こっているのに気が付く。徐々に近づいてくる靴音の荒々しさから、その原因となった人物の様子が容易に想像できた。
 クスリと意地の悪い笑みを浮かべると、ファイルを閉じてデスクの上に置いた。
 それと同時に執務室の扉が荒々しく開け放たれ、生徒会役員たちの制止を振り切った、ひとりの少女が姿を現した。
 小柄な身体に鳳星女学園の制服である濃紺のブレザーをまとい、身に着けているリボンの色から一年生だとわかる。
 腰までありそうな長髪をポニーテルにまとめ、キッと令華を睨みつけるア-モンド型の目には意思の強そうな光を宿している。吊り上がりぎみの柳眉が、少女の勝気そうな印象をより強めていた。
 芸術的な美しさを感じさせる令華とは対照的な、野性的な美しさを感じさせる美少女である。

「入室の際は、ノックをするのが礼儀ですわよ、鐵 火憐(くろがね かれん)さん」
「あぁ、そうね。次から気を付けるわよ。それより、アタシが何しに来たかわかってるわよねぇ」

 火憐と呼ばれた少女は怒り心頭といった様子で。執務机の前までくると令華を見下ろす。

「さぁ、なんのことかしら」
「このぉッ」

 火憐と呼ばれた少女は、トボけてみせる令華に激昂する。バンと激しい音を立てて執務机に手をつく。
 慌てて止めに入ろうとする生徒会役員たちを令華は手で静止すると、しばらく席を外すように指示をだした。
 心配そうにする全員が部屋を出ていくのを確認すると、ようやく令華は口をひらいた。

「冗談よ、新郷 響(そんざと ひびき)さんの件でよいかしら?」
「響が連れていかれたのは、やっぱり貴女の差し金なのね」

 幼馴染で親友である響が授業中に生徒会に呼び出されたまま帰ってこないとクラスメートに教えられ、すぐさま怒鳴りこんできた火憐であった。

「アタシに負けたのがそんなに気に入らないの? 響になにかしたら許さないんだからッ!!」

 火憐の啖呵に令華の眉がピクリと反応する。だがそれも一瞬で、口元には再び冷笑が浮かぶ。

「ちょっと調べものに協力して頂いてるだけよ」

 怒りで肩を震わせて今にも殴り掛からんばかりの火憐と余裕の笑みを浮かべる令華。
 ふたりの少女の確執は3カ月前――鐵 火憐がこの鳳星女学園へと転校してきた時から始まっていた。



 鳳星学園は、戦後の混乱期に裸一貫から製造業を始め、今では赤ちゃんのオムツから軍艦まで扱う巨大企業体、猩々緋グループを作り上げた人物が創設した学園だ。
 猩々緋グループからの多大な支援によって設備は充実しており、街から離れた郊外に広大な敷地を擁している。最新最高の教育と静かな環境で学園生活を過ごせるのもあり裕福層の女子が多いのが特徴だ。
 また、帝王学を学んだ将来の創業者を育成するという設立当初からの方針により、学内の運営の大半を生徒たち主導で行われていた。結果、それを統括する生徒会は強い権力を持っていた。
 そんな学園に、二学期も始まった9月下旬にふたりの女生徒、火憐と響が高等部へと転校してきたのだ。
 裕福層の生徒が多い学園とはいえ、それでもガラの悪い生徒はいる。勝気な性格の火憐は、そんな連中とすぐにトラブルを起こしていた。
 その大半が気の弱い響を守ろうとしての行為であったのだが、すぐに手を出してしまう火憐にも問題があった。
 次第にエスカレートしていく嫌がらせを、持ち前の空手で強引にねじ伏せていった。
 響の祖父が開く道場は実戦的な空手を教えることで県下で有名で、多くの警察や軍関係者が子弟として通っているほどであった。
 そこで火憐は幼少の頃から鍛えられてきたというのだから、その実力も伺える。
 だが、ことが大事になると流石に生徒会も動き出した。騒動の鎮圧に風紀委員を引き連れた令華であったが、ちょっとした行き違いにより火憐と対峙することとなった。
 学業だけでなくスポーツ、武道でも負けを知らぬ令華であった。だが、観衆の目の前でアッサリと火憐に負けてしまったのだった。

――それから令華様は変わられてしまった……

 令華の腹心である生徒会役員たちはそう感じていた。
 猩々緋の血族として幼少の頃より人より優秀であることを求められ続けた。それに常に応えてきた令華にとって、同性で年下の火憐に負けた事は受け入れがたい事であった。
 それでも負けた事実は変わらず、受け入れようと努力していた。だが、偶然目にした火憐に関する個人資料をみてしまい、それも出来なくなってしまった。
 それ以来、一般生徒に見せる優しい笑みの下で、ドロドロとした昏い感情が渦巻き、次第に大きくなっていたのだった。



 睨み合い、火花を散らすふたりの少女。先に目を外したのは令華であった。

「ふッ、ちょうど良かったわ。ちょっと見てもらいたいものがあるの」
「はぁ、なによ?」

 無造作に火憐の手元に置かれた茶色い封筒、その中身は数枚の写真であった。

「昨日、私の元に届いたものよ。なかなか興味深いものが写っているわ」
「なにを一体……えッ、これって……」

 写真に映っているのは火憐の姿だった。寮の私室を盗撮したものらしく、ちょうど部屋に設えられたシャワーを使用するところだった。
 制服を脱いで、あられもない下着姿になる火憐がシャワー室に入り、濡れた身体で出てくるまでの様子が写っている。

「こ、これを誰がッ!?」
「問題はそこではないわ。ほら、この写真なんてシッカリ写ってるわよね、とても不思議なものがね」

 令華の細く綺麗な指が、一枚の写真を指差す。その写真には裸で姿見の前に立つ姿を捉えていた。
 鏡に映るその股間には、あるはずのないものが写っていた。慎ましい柔毛の下でダラリと垂れ下がる器官だ。

「これって、男性の性器……ぺニスよね?」

 そう、胸の膨らみや括れた腰など早熟な女性らしい丸みを帯びた身体つきの火憐。その股間には本来はありえない男根が存在していたのだ。
 その異物感はすさまじく、彼女が可憐な美少女なのがそれを増している。
 問われた火憐は写真を見下ろしたまま動かない。先程までの強気の様子は消え去り、顔からは血の気がひいていた。
 その様子に乾いた笑みを浮かべた令華は、椅子から立ち上がるとゆっくりと背後へと歩んでいった。

ちょこちょこと・・・

いつもの如く先日に掲載した『漆黒の獄舎』を細々とですが加筆修正しました。

掲載した品も読み直すと気になる点がでてくるので、掲載から3、4日は暇をみてはアップデートしています。


漆黒の獄舎

『漆黒の獄舎』 第1~4話(完結)を掲載しました。

今回のヒロインは芸能人のスキャンダルを狙う女性カメラマンです。
口より手が先に出るようなタイプな分、少し暴れていただきました。

少しでも楽しんで頂ければ幸いです。

続きを読む

催淫染脳支配5

『催淫染脳支配』 第5話を掲載しました。

潤&莉乃のお話は一区切りとなり、次回からは真矢さん中心で、騒動の元凶に関するお話になる予定です。
引き続き、楽しんで頂ければ幸いです。
プロフィール

久遠 真人

Author:久遠 真人
 ようこそ、いらっしゃいました。

 ここは久遠 真人が主催するSM小説サイト『HEAVEN'S DOOR』の雑記帳的な位置づけのブログです。

 お戻りになる際は、右の【リンク】『HEAVEN’S DOOR』をクリックして下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR