FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇夜の校内調教ゲーム

会話文第2弾として書いてあったものを、どうせなのでアップしておきます。

不良生徒たちに絡まれるの図・・・といったところですが、エロないです(苦笑)。

改変で設定も変わったので、このまま使う事はないかと思います。


--------------------------------------------------------------------------------------------

『闇夜の校内調教ゲーム』

「チースッ」
「ん、なんだ? お前らの担当の山岸先生なら職員室の方に……」
「いやいや、俺ら優華ちゃんに用事なのよ」
「そーそー」
「…………勉強を聞きにきたって訳ではなさそうね。もし馬鹿な事を考えてるのなら、私が大声出せば、すぐに他の準備室にいる先生方が駆けつけてくるわよ?」
「おー、こえ、こえッ、そう言いながら助けを呼ばないでバトルする気満々じゃん。勘弁してくれよッ、俺ら4人じゃ束になっても勝てねぇのは、もぅ経験済みだからよ」
「なら、なんの用? 用がないなら、さっさと出て行ってッ」
「へへ、つれないねぇ」
「ま、その強気なところもイイんだけどなぁ」
「そうそう、そういう女、俺大好物ッ」
「んじゃまぁ、まずはコレを見てくれよ」
「…………写真?…………って、これはッ!?」
「おッ、その反応はやっぱりその女、優華ちゃんなんだ。相手の男はよくわかんなかったけど、俺ら優華ちゃんだってピンときたぜッ」
「…………」
「おやダンマリ? でもねぇ、優華ちゃんってホントわかりやすいなぁ。はは、嘘をつけないタイプだよなぁ」
「しかし、真面目そうな優華ちゃんに露出プレイの趣味があるとわねぇ。しかもSMとは恐れ入ったぜ」
「しかもマゾだったなんて、僕ちゃん大ショック」
「ぎゃはは、俺なんて趣味が合いそうで逆に惚れなおしちまったけどなぁ、へへ、実は学校でもプレイしてたりしてなぁ?」
「――ッ!?」
「あれ、ビクッとした? なぁ、今、ビクッとしたよなぁ?」
「おいおい、まじかよぉ」
「ちょっと、そのスカートの中を見せてみろよッ」
「い、いやよッ、止めなさい、お、大声をだすわよッ!!」
「いいぜッ、呼べるもんなら呼んでみろよッ」
「手、手を放しなさいッ、ひッ、や、だ、だめよぉッ」
「おいおい、すげぇ慌てっぷりだなぁ」
「こりゃ、マジでか?」
「じゃぁ、スカートの中身を拝見しちゃおうかな」
「チッ、焦らせるなよ、早く見せろよッ」
「い、いや、やめて…………お願い…………」
「嫌だねッ、ずっと俺ら、優華のこと狙ってたんだからよ」
「あぁ、ホントだぜ? アンタを見るたびにトイレで抜いてだぐらいだぜ」
「へへ、でもよぉ、今日から優華が俺らの肉便器だぜ? 穴という穴を犯しぬいてやるからなぁ…………って、なに固まってるんだよ」
「…………だ、だってよぉ」
「たっくなにグズグズしてる……ん……だ…………なんじゃこりゃッ!?」
「金属製の……ふんどしか?」
「ばかッ、ちげぇよ。こりゃ、貞操帯ってやつだ」
「クソッ、カギが掛かってやがるッ」
「おい、優華ッ、早くカギを出しやがれッ!!」
「…………無駄よ」
「なにぃ?」
「だって私も持ってないから、自分でも開けられないもの」
「ふ、ふざけんなッ!!」
「いってぇ、誰がカギを持ってやがるんだよッ!!」
「……俺だよ」
「――ッ!?」
「なッ、てめぇは……おい、早くカギを……よこ……せ……あぁッ!!」
「おいおい、こいつって、確か親が……」
「ゲッ、やべぇヤツじゃんかよッ」
「ま、まさか、写真の男って……こいつ……」
「あぁ、俺だよ。チッ、まさか学園内で俺の女に手を出す馬鹿がまだいるとはなぁ」
「あ、いやいやいや、知らなかったんッス」
「ご、誤解……誤解ですよぉ」
「じょ、じょうだんッスよ、すいやせんでしたッ」
「すぐ消えるんで、勘弁してくださいよぉ」
「……なら全て忘れて、今すぐ俺の目の前から消えろッ!!」
「ひぃぃッ、わ、わかりました」
「し、失礼しやすッ」
「すみませんでしたー」
「ま、まってくれよー」
「…………ふーッ…………大丈夫か? たっく、油断しすぎだぜ」
「なッ!? だ、誰のせいでこんな目にあったと…………」
「すまん」
「なッ…………な、なに、素直に謝ってるのよッ!!」
「あぁ、一応俺なりのケジメってヤツだよ」
「もぅ、そういうところは律儀なんだから」
「ま、それはそれとして……俺を待ちぼうけさせたバカな肉便器にも、ケジメをつけてもらおうか」
「……え……えぇ!? だ、だってそれは……」
「それはそれだな。言い訳なんて見苦しいぜ、優華先生」
「くッ、あぁ、もぅいいわよッ!! 罰を受ければいいんでしょッ」
「はは、流石は優華先生だ、思いっきりが良くって、俺は大好きだぜ」
「――なッ!? こ、こどものくせに、生言ってるんじゃないわよッ」
「はは、そんなガキの俺に今夜も好き勝手されて、これから数えられないぐらいイキ狂わせられるんだぜ? 今、無性にむしゃくしゃしてるからな、今夜は覚悟しろよなッ」
「そ、それって……ただの八つ当た…………あぁン、バイブを動かしちゃ……だめぇ」
「おら行くぞッ、とっととついてこいよッ」
「痛ッ、あぁン、お尻をぶたないでぇッ」
「はは、すっかりマゾスイッチが入ってるくせによ。さーて、今夜もゲームをはじめるとしようか。俺好みに躾てやるからな、優華先生ッ」


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

月下の奪回ゲーム

『月下の奪回ゲーム』 読み切り短編を掲載しました。

実験で試し書きした会話文に、一味加えて形にしてみました。
プレイ内容的には、フェラチオ奉仕と浣腸のみのシンプルな品で、作中に排泄描写がありますので苦手な方はご注意ください。
年下少年に翻弄される年上女性という構図ですが、主人公、ヒロインの容姿や年齢などを、あえてボカしてありますので、お好みの設定でお楽しみください。

ちなみにヒロインの名前を会話文から変更したのは、書いててちょっとヤンキーぽい女性をイメージしたからです(笑)。


月下の野外調教ゲーム

ちょっと実験を兼ねて、はじめて会話文など書いてみたので、アップしてみます。

--------------------------------------------------------------------------------------------

『月下の野外調教ゲーム』

「ふーぅ、今夜は満月が綺麗だなぁ、なぁ、優華(ゆうか)先生」
「ふ、ぐぅ、うぐ……」
「あぁ、悪い悪い、口いっぱいに俺のを咥えてたら、喋れないよなぁ」
「ふはぁ、ごほ、ごほッ……」
「まったく、学園の生徒たちが憧れる知的で美人の優華先生が、オッパイやオマ×コ丸出しの露出狂マゾ女みたいな恰好で外を出歩いて、しかも生徒のチ×ポを美味しそうに咥えてるって知ったら、みんな卒倒するだろうなぁ」
「くッ、私を裸にひんむいて拘束具姿にしたのは誰なのよッ」
「そんな睨みつけても、バイブを2本も咥えて物欲しそうに腰ふってたら様にならないぜ。まったく、太ももまでビチャビチャじゃん、婚約者が海外出張中だからってタメすぎじゃないの?」
「う 、うるさいッ。か、浣腸なんかするから、も、もぅ限界なのよッ」
「あー、ダメダメ、ちゃんと口で俺のザーメンをゴックンするまでが勝負って約束じゃん。出来たらトイレ行っていいけど、それまでは、ぜってぇ首輪の鎖は手放さないからなッ」
「そ、そんな……」
「顔見知りに会わねえように郊外の森林公園まで出向いて、わざわざ人気のない奥まで歩いて来たんだ、気にせずそこでタレ流しちまえよッ」
「ば、ばか言わないで……いや、カメラで撮らないでッ」
「ならとっとと俺のを咥えて、頑張って搾り取れよッ」
「うぐッ、ぐ、うぐぅぅ……」
「そうそう、上手くなったじゃん。恋人のですら口にした事がないって、最初は喉奥突かれただけで泣いてばっかりで苦労させられたけど、もういっぱしの肉便器じゃんか」
「うぐ……うふ……うむ……」
「くーッ、俺の気持ちいいところをしっかり刺激してきて、もぅ俺のチ×ポへの奉仕もバッチシだなぁ。上目使いで睨んでくる優華の口マンコ最高だぜ」
「うふ、ぐッ、ふぐッ、んぐッ」
「おッ、お、お、やべッ、油断した。チッ、イッちまいそうだ」
「ふッ、ぐッ、うぐッ、ふぅッ」
「くッ、ちくしょう、だ、だすぞッ、溢さず飲めよッ!! うぉぉッ」
「――んぐぅッ!? ぐぅ……うぐぅぅ」
「…………ふーッ…………チッ、負けちまった。あーあー、約束だからしょうがねぇか…………ほら、カメラに記録してた調教データを消すぜッ…………ほらよ、確認しろよ」
「はぁ、はぁ、バックアップしてた……なんて後で言ったら蹴り倒すからねッ!!」
「ねぇよ、優華の空手の腕前は身をもって経験してるからな。嘘だけは言わねぇよ」
「い、いいわ。今は信用してあげる。だ、だから、早くッ!!」
「あぁ、わかってるってッ、ほれ首輪の鎖は手放したぜ。早くいけよッ」
「なッ!? この後手の拘束も解きなさいよッ!!」
「わりぃ、わりぃ、南京錠のカギなぁ…………バイクに付けたまま、忘れて来ちまったみたいだ」
「…………え? ふ、ふざけ……」
「ちなみに一番近いトイレは、駐車した場所のすぐ脇な。こっからだと20分ちかく、かかるだろうなぁ」
「…………は、はめたわね」
「ははは、俺は嘘は言ってないぜ。さーて、そんなもんがケツに入ってたら出せねぇだろ?」
「あ、だめッ……いや、い……今抜かれたら、だめよ……あぁぁッ」
「ちょうどカメラもあるし、しっかり撮らせてもらうぜ。ブリブリとその綺麗なケツからウンチをタレ流すところをなッ」
「あ、あぁん……む、むりよ……トイレまでなんて耐えられない……」
「おーおー、プルプルいっちゃって」
「いや……いやぁ……だめなの……」
「遠慮せずに、出しちまいなよ。ほら、サービスで前のバイブを動かしてやるよ」
「ヒッ!? や、やめ……そんなの、耐えられないよ」
「ほら、ほら、限界なんだろう? カメラでくまなく撮ってやるからよ、遠慮するなってッ」
「いやぁぁぁぁ、も、もう、だ、だめぇぇぇ、撮らないでぇぇッ!!」
「ははは、すげー勢いだな」
「いやーッ、いやぁぁぁッ」
「あー、あー、随分と溜め込んでたんだなぁ、くっせー、くせーッ」
「わぁぁぁぁ、いやぁぁぁ、止まらないのぉぉッ」
「おいおい、ヒリ出しながらクイクイと腰を振ってやがる、そんなに気持ちいいのかよ」
「あ……あ、あぁ……そんな……くぅぅ、だめぇなのにぃぃぃッ」
「まったく、ヨダレまでたらしてやがって……やっぱ優華は、根は好きもんなんだな」
「ち、ちが……あぁぁン……」
「説得力ねぇよ。まッ、どっちにしてもこれからもミッチリ調教して、俺から離れられないようにしてやるよ。いきなり脇からでてきた優男なんかに、ぜってぇやらねぇからなッ。俺だけのモノにしてやるから覚悟しておけよな、優華姉ちゃん」

--------------------------------------------------------------------------------------------

ヒロインの優華さんが、実姉なのか従姉なのか、それとも近所の幼馴染のお姉さんなのかは、ご自由に設定してお読み下さいませ(笑)。

こっそり・・・

『強者の定義』の第16話、また、ちょっと設定上とのズレのある描写があったので修正しつつ、少しだけ加筆しました。



強者の定義16

『強者の定義 狙われた教壇のヴィーナス』 第16話を掲載しました。

今回は、ハイエナに貪り喰われる獲物な状態な瑠華さんでしょうか(笑)。
当作『強者の定義』も、あと数話で完結を予定しております。
その為に、やや話が加速してアッサリ目のお味となっておりますが、もうしばらく、お付き合いいただければ幸いです。


次回更新は・・・

時間を作っては気の向くままに、いろいろ書いては止まってるを続けております。
その中で、現状で一番形になっているのは、『強者の定義』ですので、恐らく第16話をアップする事となると思います。

ヒロ様より頂いたプロットも、あと最後の部分を残すのみとなっており、話数的にも(私の方で付加した部分が納まれば)3~4話で終了を予定していますので、もうしばらく、お付き合いいただければ幸いです。

たまたま・・・

いつもながら、グッとくるシチュにも微妙に変化があるのですが、最近なんか良いなと感じるひとつに「たまたま」遭遇でしょうか。
本来、日常生活では出会う事もないヒロインと凌辱者、たまたま条件がそろって両者が交差する。

例えば……

---------------------------------------------------------------------------

失恋したばかりの傷心の少女に声を掛ける男……

普段なら、そんな誘いに乗らぬ少女も、ひとりでいる寂しさに負けて受けてしまう……  

巧みな話術と優しげな言葉で、少女の心の隙間にスルリと入り込み……

気が付けば、外見からは想像もできない手腕でイキ狂わされ、今まで経験した事もない肉悦を覚え込まされる……

身体が、そして心も次第に男に魅かれ、男の求めに応えてしまう……

次第にエスカレートする行為、アブノーマルで嫌ってすらいたそれらも相手の為にと徐々に受け入れ、刺激として覚え込まされ、淫らに変えられていく……

……「あの時、失恋していなければ」……

……「あの時、男の誘いに乗らなければ」……

……「あの時、身体をゆるさなければ」……

……一つの歯車が狂った事で、少女の運命は大きく狂い、転落への道を歩み始めてしまうのだった……

---------------------------------------------------------------------------

・・・などが、それに該当します。
上記の例の場合、NTR、調教モノにありがちですが、強要せずに好いた相手のの願いをかなえようとする少女の想いを利用するところがポイントでしょうか(笑)。

獲物に狙いをつけてジリジリと忍び寄るのも好きですが、こうした、たまたま条件が揃い、一歩足を踏み間違えた為に起こる転落の無残さもグッときたりします。


サイト復旧しました。

サーバーの不調だったようで、昨夜のうちに回復してました。

サイト不通中

現在、サイトが正常に表示できない状態で、サーバー自体にも接続できない状態です。

サイトを閉鎖したわけではないので、その点はご安心ください(苦笑)。

プロフィール

久遠 真人

Author:久遠 真人
 ようこそ、いらっしゃいました。

 ここは久遠 真人が主催するSM小説サイト『HEAVEN'S DOOR』の雑記帳的な位置づけのブログです。

 お戻りになる際は、右の【リンク】『HEAVEN’S DOOR』をクリックして下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。