FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました。

 本年も、多くの方々にお越しいただき、ありがとうございました。


 やっと筆も持てないような不調状態から抜け出しつつあるものの、仕込だけでおわってしまった感じでしょうか(汗)。
 その過程で書き散らかした読み切り用の品があるので、近々、どれかお出しできればと思っております。

 それでは、新年も、宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

淫獣捜査56

淫獣捜査 第56話を掲載しました。


 次のフェーズへと移行しました。
 主人公の単独行動な話です。
 ちょっと余裕(?)が出来た気になっている彼の心、その決心が、どこまで揺らがずにいられるか・・・そんな話になる予定です(笑)。
 

 いろいろ書いてたわりに、どれもまだ形にならず、結局連載更新が先となりました(苦笑)。



コソコソと・・・

 なかなか新しい品、連載の続きをアップできてない現状ですが、水面下ではいろいろやっていたりします。
 そのおかげで、筆どころか思考も止まってたのが、段階的にスイッチが入って、いろいろ書いてます・・・とはいえ、まだ、どれも1つの品として形になってませんが(苦笑)。
 なんとか、どれか1つは年内にアップしたいものですね(汗)。


 しかし、自分のツボを押さえつつ、作品をいろいろ書いてくると、つい似通ってきてしまって・・・一時は、それを変えようと足掻いては進まなくなったり、話が無駄に長くなって力尽きてました。
 いろんな方と話したり、分析した結果、今は原点に戻ってみようかと、ギュッと短くまとめた品をいろいろ書いてみてます。
 場合によっては、以前の品にトッピングが増えてだけな品になりそうですが、とりあえず形にしないとですね(苦笑)。




拘束ノ輪廻

 参加させていただいた同人誌の情報をまとめたページを追加してみました。

 文章やイラストなど盛りだくさんで、どれも面白いのですが、個人的に特にオススメしたいのは「さいはての被虐の渚にまどろむ乙女」の玲 士方様のSSでしょうか。

予約開始・・・

 ちょっとだけ参加させていただきたコミックマーケットC85にて販売予定の『妖しい書庫』様同人誌が、とらのあなでも予約開始されたので、まずはこちらでお知らせします。

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/17/16/040030171664.html

 ご興味のある方は、覗いてみて下さいませ。



やっぱり・・・

 最近、萌えた人様の作品キャラクターを見直すと、大人な魅力の女性であるのを再認識しました。

 最近は、「正義のヒロイン」という綺麗すぎなく、綺麗も汚いも見てきた、いろいろ積み重ねられた経験や魅力が好きな傾向にありますね。

 とはいえ、自分で書く場合は、ついつい心の綺麗な(潔癖すぎる?)「正義のヒロイン」にしてしまいます(苦笑)。



いろいろと・・・

 先日のチャットで、私の描いたイラストで感じた萌え要素の話になり、その際『罠(気配がする)萌え』『提示萌え』『選択萌え』など出てきました。

『罠萌え』 ・・・ヒロインを貶める罠の気配や、罠に嵌められる過程、結果など
『提示萌え』・・・これから嵌められる拘束具などを事前に提示。淫具や拘束具、檻、拘束台など。
         感覚的に処刑台を見させられて、その階段を登る感覚に近いでしょうか
『選択萌え』・・・ヒロインが、望まざるともそれを選択せざるおえない状況、また、自ら足を踏み出す(踏み出させれる)行動

 最近、よく感じるのですが、同じ品を見ても、それに感じるモノ(萌え要素や興奮ポイントなど)は人それぞれ異なり、ホント面白いものです。

向いてないなぁ・・・

 自分の嗜好や執筆の傾向など自己分析する事を度々やっておりますが、チャットで他の書き手さんとそれを比べて違いを見るのは勉強になります。

 気になる素材とかも、自分に向いている調理方法と、出来ない(又は不向き)なモノが見えるのも有益ですね。

 なんて、ガールズLOVEな漫画を読んで、それで感じた事も自分なりに形にしようと模索するも、女性視点の苦手な私には向いてなかったっという話でした(苦笑)。

羞恥の風

とっきーさっきー様のブログ『羞恥の風』へリンクをさせていただきました。


 主に、羞恥、自己犠牲、露出をテーマに、人妻や美少女たちが、様々な恥辱的な責めに羞恥の涙を流すような品々です。
 ご興味を持たれた方は、ぜひ、足を延ばして、お立ち寄り下さい。


女記者モノ・・・

相互リンクしていただいた『絵ろ本問屋 かおす亭本舗』のエル・カオス様のイラストを拝見して、なんとなく冒頭だけ試し書きをしてみました。
失踪した親友を探す女記者・・・といった感じでしょうか。

こうして、中途半端に書き散らしては、なかなか形にならない今日この頃です(汗)。


-----------------------------------------------------------------------------------
●女記者モノ

「ほ、本当ですかッ!?」
「……あぁ、確かだ」

 頷く俺の姿に、それまで強張っている目の前の美女の表情が、驚きに変わり、すぐに喜びへと変わっていった。
 スーツスカート姿の凛としたショートカットの美女、年は20代後半か、左手の薬指に光る指輪から人妻である可能性がある。
 受け取った名刺には、大手出版社の名が記されており、きびきびした動作からさぞかし出来る記者さんなのだろう。
 更に、武道をする者特有の隙のなさで、美しさの中にどこか冷たい雰囲気すら漂わせていた。だが、今は喜びの表情を浮かべている姿は、とても可愛らしく魅力的に映った。 

(……櫻坂 葵(さくらざか あおい)ねぇ)

 俺が名刺に記載された名前と渡された問題の人物のうつった写真を確認しつつ、その美貌を上目使いで値踏みする。それに気づいた女は、表情を改めると、再び心の鎧をまとい始めた。
 場末のバー、そのカウンター隅を占拠していた情報屋の俺の元に、この女が訪ねてきたのは深夜近かった。散々、俺を求めてこの界隈を探し回ったのだろう、僅かに疲れた様子が伺える。

「それで、彼女は……」
「おっと、ストップッ!!」
「……え?」

 無防備に話を続けようとする彼女を俺は制すると、カウンターの向こうにいるマスターに目配せする。すると、彼は黙って頷くと顎で奥を指し示した。

「黙って付いてきなッ」
「な、なにを……」

 まるでトイレにでも行くかのような素振りで俺はふらっと立ち上がり、店の奥へと進む。そのまま裏の勝手口から出て、狭い路地裏を速足で歩き出す。それに戸惑いを表情を浮かべながらも、女は俺の様子から黙って付いてきた。
 狭い路地を何度も曲がり、追跡者がいないを確認すると、俺はようやく歩みスピードを落とす。

「まったく、無防備にその名を口にするな。不用心すぎるぜアンタは」
「な、なにを言って……」
「アンタ、つけられてたぜ」
「……えッ?」

 今更、慌てて背後を振り返る女の様子に、俺は苦笑いを浮かべた。



 この女が口に出したのは、失踪した親友の名だという。
 テレビや週刊誌でも時々見かけていた有名な美人ライターで、ある日突然一家共々姿を消したと騒がれた。もちろん、有名人の失踪ともなれば警察も捜査に乗り出したのだが、この半年で目ぼしい進展がないのは俺の耳に入っていた。
 
(そんな状態に我慢ならず、自らの足でも調べようとは……ねぇ)

 その後、顔馴染みの店の従業員部屋でようやく一息つき、事の詳細を聞いた俺は、目の前の女の無鉄砲さに内心で呆れていた。
 その当人は、小さなテーブルを挟んで座り、俺が店員に頼んで作ってもらった気付けのピンク色の泡立つカクテルを口にしている。
 念の為に、あれから更に2人して街中を適当に歩き回った為、喉が渇いていたのだろう。グイグイといいペースでグラスの中身を飲み干した。

「これ……変わった味ねぇ」
「この店のオリジナルだが、口に合わねぇか?」
「……いいえ、ただ、歩き回ったからかアルコールのまわりが早いみたい。お水でも貰えるかしら?」

 女はほんのりと肌をピンク色に染めている。それを確認して俺は肩を竦めると、勝手知ったる冷蔵庫からミネラルウォーターのペットボトルを取り出して差し出した。
 先の一件で、俺に対する警戒心が少しだけ薄れたのだろう。礼の言葉と共にそれを受け取ると、女は僅かに口元を綻ばせる。

「アンタ、見かけによらず無鉄砲だなぁ」
「やっぱり、彼女の事……知ってるのね?」
「あぁ、知ってる。彼女に情報提供してたのは俺だしな。だが、一度だけ忠告しておいてやる。このまま、そのドアから出て日常に戻りな。今だったらまだ間に合うぜッ」

 裏手のドアを指さす俺に、女は黙って見上げている。だた、その瞳に迷いの様子はなかった。

「ふぅ、やれやれ、アンタも彼女に負けず頑固だなぁ」
「『狙った特ダネには喰い付いて離れない!!』それが私と彼女の信条だったから、だから、私は何があってもこの件から降りないわッ」
 
 ボリボリと首の後ろを掻く俺に、女はキッパリと断言する。
 そのテコでも動かなさそうな様子に、かつての彼女を重ねて、俺はため息をついた。

「俺が彼女の依頼で連れて行った所までなら案内ができるが……それには条件が一つある」
「お金なら、ここに……」
「あ、あぁ。それは迷惑料として貰っておく。だが、正直、これから行く所は、やべぇ所だ。女のアンタを連れて行くには危険が多すぎる場所だ」

 俺の言葉の意味を、女は理解したのだろう。表情を強張らせ、グッと膝の上に置いていた拳を握りしめる。それでも、女はその意思を曲げることなく、ゆっくりと口を開く。

「……その条件とは、なんですか?」
「アンタを守るためにも、アンタには、俺のモノであるフリをしてもらいたい。その為には、俺のいう事には、なんでも従って見せる必要があるんだが……」
「貴方の……女のフリをしろと?」

 表情を険しくする女に対し、俺は首を振って応える。

「いいや、男に媚ふる雌奴隷だ。アンタの親友が最後に追っていたのは、麻薬と雌奴隷に堕とした女を売買するシンジゲートなんだよ」

 その俺の言葉に、目の前の女は目を見開くと、グッと唇を噛みしめ、押し黙った。

気が付けば・・・

 気が付けば、もう12月ですね。

 同人誌用の作業も一段落したので、サイト更新の方にパワーを向けようかと思います。



 最終的に、同人誌で私が出させていただいたのはカラーイラスト1品、モノクロ・イラスト1品、ショートストーリー1品となりました。
 イラスト2点それぞれには、(相互リンクしてもらっている『さいはての被虐の渚にまどろむ乙女』の)玲 士方様のショートストーリーが、私のショートストーリーとは(ディープカバーの挿絵を描いて下さった)fumi11号様のラフイラストとの組み合わせとなっております。
 
 まだ正式に告知できませんが、今回はメンバー皆様がそれぞれ多くのファンをお持ちな方なので、多めに印刷し、残が出たらとらの通販に回す予定との事です。




マーメイド拘束

コミックマーケット85向けに参加していた同人誌で、未使用となったイラストをアップしてみます。

淫獣捜査やコレクターに出てくる人魚拘束のイメージとなります。


人魚拘束




プロフィール

久遠 真人

Author:久遠 真人
 ようこそ、いらっしゃいました。

 ここは久遠 真人が主催するSM小説サイト『HEAVEN'S DOOR』の雑記帳的な位置づけのブログです。

 お戻りになる際は、右の【リンク】『HEAVEN’S DOOR』をクリックして下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。